設備紹介

設備紹介 < HOME
 
ちしろ歯科医院の設備紹介
ちしろ歯科の治療室は、全室が半個室となっております。 「歯医者は怖い」と思われている患者様は多いと思いますが、そんな不安を抱えてご来院される患者様が常にリラックスしていただけるように、オシャレな外観と内装にしております。 院長やスタッフ全員が常に患者様のことを第一に考えております。
デジタルレントゲンは、従来のレントゲンと比較してレントゲン線の被爆量が1/4?1/10と非常に少ないのが特徴です。 歯科医院では、レントゲンは治療前に当たり前のように撮影しますが、その際に「レントゲンは体に悪いんじゃないか」と心配になった経験は誰もが持っているものです。そんなときに、デジタルレントゲンは被爆量が少ないので、体に負担をかけない点で従来のレントゲンよりも優れているといえるでしょう。
当院では先進医療(インプラント、再生療法等)を希望される御紹介の患者様の増加に伴い、当院理念である安心安全な治療を御提供するため最新の歯科用CTスキャンを導入しております。

詳細を見る

オフィスホワイトニング(医院内で行うホワイトニングのことで、歯の表面に漂白剤を塗布し特殊な光を照射し歯を漂白します)専用ホワイトニング機器としてNo.1の実績をもつビヨンドの最新機種で、歯の薄い日本人に対して最も適していると言われています。漂白効果が高いのはもちろんのこと、安全性が最も高いというのが最大の特徴です。 ※現在制作中
抜歯やインプラント治療などの術後の痛みの軽減や治癒を促進させることが出来る、完全自己血液由来のフィブリンゲル生成機器です。傷口ができた場合、その血管の穴をふさぐのに血液中に含まれる血小板とフィブリンが重要な役割を果たしています。患者さんご自身の血液を10?15ccほど採血し、医科用遠心分離機にて成長因子や血小板を多く含むフィブリンゲル、つまりCGFを人工的にその場にて作ります。 ※現在制作中
DACユニバーサルを使用することにより清潔に保ち、院内におけるメンテナンスにかかる作業時間を短縮することが可能となります。
多くの人が歯科治療は、「怖い・嫌い」と思っています。そのため、長い間虫歯、歯周病などを放置してしまい、口腔内がぼろぼろになってしまった人がいます。 歯科治療の恐怖心をなくす為の方法として、笑気吸入鎮静法があります。患者さんによって効果の感じ方に違いはありますが、リラックスした状態で治療を受けることができます。
鎮静剤の点滴を行って、ぼんやりしてリラックスすることができます。専門の歯科麻酔医が行います。 この方法によって、治療に伴う不安や恐怖感、ストレスによる血圧や脈拍の変動、嘔吐反射などの症状を軽くすることができます。
LEDで術野を明るく照らしますので安全にインプラントオペをすることが可能になります。豊富なプログラムが組み込まれており、ほぼ全ての主要メーカーのインプラントに対応している機種の一つです。
現在の外科的治療において欠かすことのできない超音波ボーンサージェリーシステム。インプラントや歯周外科手術の時に使用します。ハイパワーな超音波振動で歯や骨などの硬組織を効率よく切削でき、血管や神経、粘膜を傷つけることの無い安全に手術を行うためのシステムです。
精密な治療を行うためにほぼ全ての場面で活躍する道具です。機動性の高いドクターキムヘッドランプと高倍率のサージテルライトシステムを用途に合わせて使用しています。
歯周病で失ったしまった骨に対してや、インプラントを植立する部位の骨量が足りない場合など骨造成が必要な時に用途に合わせて使い分けています。
矯正用アンカースクリューの埋入やインプラントのアバットメントスクリューの着脱などを安全に行う機器です。
航空用アルミニウムバーから流線型に削り出した、届きにくい部位にも容易に入る形態と耐久性が特徴です。広波長でほとんどの光重合歯科材料を重合わせる高強度の光を出します。
根管治療時に使用するオートコントロール機能搭載根管拡大装置です。NiTiファイルを使用するので湾曲した根管も効率的に治療していくことができます。
高い親水性、流動性を有したインプリント4と優れた復元性を有したペンタミックスの連合印象をオートミックスで行うことができる機器です。
印象材を常に一定に練和する機器です。
滅菌器の性能を最大限に引き出すことを可能にします。 いわゆる精製水なので歯牙の洗浄にも使用しています。
高い殺菌力がある亜オゾン水を生成する装置です。使用した機材の洗浄に使用しています。
ちしろ歯科医院へのアクセス方法はコチラ